カテゴリ: 9.日々のこと

ページ: << 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 45 >>

久しぶりのブログ更新!

パーマリンク 2011/06/27 19:00:59 著者: flexys-officemanner メール
カテゴリ: 9.日々のこと

なんと!20日以上もブログを更新しておりませんでした!!

もはや、日記というにはふさわしくない状態ですよね~~~XX(


お読みくださっている貴重な方々、、、申し訳ありませんでした!



それにしても、この数ヶ月間は本当にいろいろとありました。



父の葬儀、私自身の肺炎、2箇所での集合研修、、、

そのあたりまでは書いたと思うのですが、


その後、母の持病悪化!


と!


88|88|88|急な自宅の引越し88|88|88|!!と、

それはそれはもう毎日が怒涛のようでございました!!


なんといいますか、人生には穏やかでなーんにもない時もあれば、
今の私のように

「すごく転機が重なる~~!!」
というときもあるんですね:yes:


自宅はまだまだダンボールが重なった状態で、
合間をぬいながら歩いておりますが(笑)
なんとか仕事が再開できる目途がたってまいりました:))


父の病気発覚から今日まで、

ほんとーに、駆け抜けて!きましたので、

ここ数日、ふといろいろなことを思い出しては
気づくとぼーっとしています。


仕事もいったん休んで、実家で父の看病ができた私でさえ
こんな喪失感があるのに、

東日本大震災で一瞬のうちに、何の前触れも、覚悟もなく
家族を失った方々の悲しみは、

いったいどんなに大きいでしょう。



想像がつきません。。。




生きている人間は、生きている人間らしく前を向いて歩いて
いかなければならないのでしょうが、


なかなかそんなに簡単なことではないでしょう。。。


人の生と死、生きている意味、生き方、、、について

考える毎日です。



これからはもうちょっとブログアップします。

よろしくお願いします。

漢方薬に助けられ。。。

パーマリンク 2011/05/08 17:09:47 著者: flexys-officemanner メール
カテゴリ: 9.日々のこと

漢方薬に助けられました!!



ここのところ、ものすごい咳で夜も眠れなくてとても疲弊していました。。。


私はいつの頃からか、風邪をひいたあとも咳がひどく、
飲んだものも吐いてしまうほどで。。。


最近も、とても普通とはいえない状態が続いていたのですが、
咳止めだけを出して原因も深く探ろうとしてくれないこれまでの
お医者様にはとても行く気にならず、


「どうしよう:no:」と思っておりました。



しかし本当にひどくなり、いよいよ病院に行かなければ、、、と
手当たりしだいにネットで病医を探していたところ、

「東洋医学」と「西洋医学」の両面から見ていただける漢方医の方が
いらっしゃることが分かりました
88|


受診すると、案の定、気管支炎...を通り越して肺炎になっておりました。。。XX(


でも、そこの先生は、

「なぜ、咳がひどくなるのか」

「おおもとはここの臓器が弱っているからなんですよ」

ということを丁寧に教えてくださり、

抗生物質などは出さずに、私のおおもとの臓器が強くなる漢方薬と、
炎症やけいれんを鎮めてくれる漢方薬を出してくれました。


パソコンばかりを見つめて顔も見てくれない多くのお医者様と違い、
その先生は私の脈、おなか、舌、足なども診てくださいます。


そして、

「この漢方を飲んで、この臓器を強くすれば、もう風邪もひきにくく
なるし、ひいてもこじらせずに今までより早く治りますよ」


と言っていただけで、私は今までの不安や疲れがとれて、
安心して涙が出そうになりました。



これが本当のお医者さまだ~~~~!!


その先生は、最初は西洋医学のお医者様だったようですが、
薬の副作用に悩む人たちをたくさん見ているうちに、


「西洋医学と東洋医学の両方の良いところを取り入れて
安全に治してさしあげたい」



と思われて、今のような形態をとっていらっしゃるようです。


そのお優しい想いに、本当に助けられました。


まだまだ万全とはいえませんが、徐々に良くなってきております。


先生、ありがとうございました!

御礼

パーマリンク 2011/05/02 14:27:45 著者: flexys-officemanner メール
カテゴリ: 9.日々のこと

去る4月21日に、実父 谷川菁山(本名:征夫)は
病気療養中のところ、72歳をもって逝去いたしました。



通夜・告別式は4月24日、25日に常滑大阪屋ホールにて執り行いました。

葬儀に際しましては、多くの方からご厚情をいただき、厚く御礼申し上げます。


生前、お世話になりました方々にはこの場を借りて御礼申し上げます。



父は、最後まで病気と闘い続けました。

よく、頑張ったと思います。


陶芸一筋。

気性激しく、若干36歳の私には受け止めきれないほどの
個性の強い父でしたが、この数カ月は穏やかな時間を
一緒に過ごすことができたと思います。

私をこの世に送り出してくれたことに感謝です。

ありがとうございました。


谷川菁山(せいざん)


日本伝統工芸展 第29回展 奨励賞受賞 入選21回

長三賞陶芸展 長三大賞連続受賞 以後招待出品  他多数受賞


NHKやきもの探訪「窯変して天空染まる」BS2放送


伊勢神宮献納 窯変大皿


東宮御所献上 藻かけ煎茶器


常滑市指定無形文化財保持者(平成20年4月4日認定)



思えば、父の大きな節目節目に私たち家族も立ち会うことができ、
多くの貴重な体験をさせていただきました。


仕事に一心不乱に打ち込む父のDNAを、少しは私も受け継いでいる?と
思うので、これからも世の中のお役に立てるよう、頑張っていきたいと
思います。


ありがとうございました。

在宅医療へ

パーマリンク 2011/03/30 10:46:41 著者: flexys-officemanner メール
カテゴリ: 9.日々のこと

父の、退院の日が決まりました。

これからは家でゆっくり過ごすことになります。


父の退院を迎えるに当たり、病院スタッフさんから在宅医療を
してくださる方々への引き継ぎが行われ、私も家族代表として
出席しました。


現病院の看護師さん、

緩和ケア専門の看護師さん、

社会福祉士の方、

訪問看護師の方(2社から)、

ヘルパーさん、

リハビリ用具会社の方、

ケアマネージャーさん、

そして母と私。


総勢10名という多さです!

これに現主治医と、往診の先生が加わります。

こちらからお願いしたわけでもないのに、こんなに大勢の方が
かかわってくださっていて本当にありがたいです。


また、今のような状況になり、看護師さんの仕事内容が日に日に
リアルに分かるようになってきて、ただただ感謝です。


社会福祉士という、医療に携わる人と家族と行政をつなぐ非常に
重要な仕事があるということも初めて知りましたし。。。


また、ケアマネージャーさんやヘルパーさんにも頭が下がります。

末期の人を抱えた家族の中に自ら入っていって仕事するわけですから、
よほど魂のレベルの高い方でないとできない仕事だと想像します。


また、福祉用具の会社の方もすごいです。
ただ機材を売っているだけではあの仕事はできません。

患者の病状、状況、右足、左足の状況、家のつくり、すべて見て
機材を選んでくれます。
ものすごく優しくないとできない仕事です。


本当に、、、

今になって初めて知ることばかりです。
とにかく感謝です。

そして皆さま、なんと広いお心とプロ意識で仕事をなさっていることでしょう。

よほど心が練り上げられていないとできない仕事ばかりです。

自分と比較して自分の未熟さが恥ずかしいです。


とにかく今のような状況になり、キャパシティを完全に超える時が
多々あるわたくしですが、皆さまのお仕事を拝見しながら、
また学ばせていただきたいと思いました。


4月から。。。どうぞよろしくお願いします。

<< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 45 >>

2017年4月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

㈱フレキシーズ・ジャパン 研修事業部 安田江里子のブログです。 弊社研修事業部では、愛知県内の中小企業様の発展を、ビジネスマナーの向上の面からお手伝いさせていただいております。 また、ビジネスマナーが原因で仕事に不安を抱えている方には「マンツーマン」でも対応させていただいております。 どうぞよろしくお願いいたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     free blog software