カテゴリ: 4.企業・大学研修

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 15 >>

涙の電話応対研修

パーマリンク 2010/10/14 18:51:43 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 4.企業・大学研修

先日、ある企業様で電話応対研修をさせていただきました。

その企業様は、社員の入退社があるタイミングでいつも
お声掛けくださり、電話応対研修をさせていただいています。


その中で、胸を打つような出来事が起こりました。



それは。。。

研修中、おひとりの方がうまく電話応対の練習が
できないということで、涙でいっぱいになってしまったのです。


誰かが叱ったりしたわけではありません。

でも、私も最初からなんとなく気になっていた方でしたし、
社長からも少しお話を伺っていたので、理由を聞いてみました。



すると、

毎日毎日、自分自身の言葉づかいが良くない、ということや
来客応対時の立居振舞いがうまくできないということに
悩んでいて、でも、具体的にどうしたらいいのか分からなくて
本当に悩んでいたとのこと。。。


きっと、毎日ものすごい緊張と混乱と自己批判を繰り返して
いたのでしょう。。。


こんなに涙が出てくるなんて、今までどれだけ悩まれていたことか。。。


私はまた、ビジネスマナーが原因で真剣に悩んでいらっしゃる
方に出会ってしまいました。


多いんです!いっぱいいるんです!

電話応対・来客応対時にうまく言葉が出てこなくて、
緊張と混乱ですべての仕事に支障をきたしてしまっている方が!

ほうっておくと、すべてに自信をなくして仕事をやめて
しまったりもします。


しかし!!本人は向上したい気持ちでいっぱいですし、
本当は丁寧で優しい気持ちをお持ちなのです。


ただ、表現の仕方が分からないだけ!!!なんです!!



でも、私の経験から、そういった方は真面目な方が多いので、
学び始めるととても速いスピードで変化されていきます。


まずは、自信をつけてさしあげることが1番だと思います!


例えば、来客応対などの一連の流れを、パーフェクトに
できるまで重ねて練習します!


混乱している方の多くは、「これでOK!」というものを
何も持っていないので、まずはそれを持たせてあげることが
1番重要なのでは、と私の経験から思っています。


そしてそれをだんだん増やしていくこと。



電話応対や来客応対の応対用語や対応方法は似ているので、
どちらも一緒に改善がみられるはずです。


そして徐々に、状況に合わせて変化させられる力をつけること。



それにはもちろん、地道な練習が必要です。


「研修」というと、心構えを入れ替えるための
カンフル剤的な研修が多いと思われるかもしれません。


しかし、私の今までの経験から、

「本当に心構えが悪い人」というのにはあまり出会ったことがありません。


むしろ、仕事したいしみんなの力になりたいのに、
なぜか足をひっぱっている自分が許せないし原因が分からない!

という人が多いように感じます。


なので私は、
「何が分からないか」「どこが悪印象を与えているのか」
と、ひとつひとつの言葉や動きを検証していくような、
いわば薄紙を1枚づつ重ねていくような方法で行っています。


本当にできるようにはなるにはそれしか方法がないのでは。。。
と思っています。



その方とは後日マンツーマンで練習をすることになりました。


ビジネスマナーが原因で悩んでいる方を一人でも減らしたい!

もっと本業に精を出して、心から輝いてほしい!!

本当にそう思っています。


後日のマンツーマン研修を楽しみにしています。

秘書検定対策の対策!

パーマリンク 2010/10/03 11:02:50 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 4.企業・大学研修

このところ、1日3~4時間かけて「秘書検定対策講座」の
「対策」を練っています(笑)


このところ、ぽつぽつと「対策講座」のご相談や
ご依頼をいただき、それならば、秘書検定を極めるべき
授業内容にしなければ、と分析を進めております。


「秘書検定」

これまでに650万人が受験をして、それを通して社会性や
ビジネスマナーを身につけています。


大学や企業で団体受験をするところもあるなど、
秘書検定試験はもうすぐ92回目を迎えますが、
受験者はまだまだ増え続けています!!



私は28歳の時に1級まで取得し、その時、成績優秀者として
東京での表彰式に招かれた経験がありますが、
当時、私は独学で勉強していたので「筆記試験対策講座」
なるものには一度も出たことがありません(汗)


確か明けても暮れても問題にチャレンジし、
接遇用語などはとにかくノートに何度も何度も書いて覚えて
いたと思います。


しかしきっと、効果的に勉強する方法がありますよね!!

そんなわけで、セクション別の出題数や出題形式を分析しています。


それにしても、秘書検定というのは本当に問題が
よく練られていて、すごいなあ、と思います。


あんなに勉強したのに、2級の問題が難しいと感じる時が
今でも(多々)あります(汗)


でも、それくらい、状況設定が複雑なのだと思いますし、
問題文の背景に隠れている状況を読み取って判断する力が
必要なんだと思います。


ただ解説をするだけではなく、必ず考え方と接遇用語と
専門知識が身に着く授業にするには。。。。


奥が深いです!!!!

高校でのビジネスマナー研修

パーマリンク 2010/09/12 00:02:09 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 4.企業・大学研修

先日、県内の県立高校でのビジネスマナー研修のご依頼を
いただきました。


「ビジネスマナー」と言っても、生きていく上で誰でも必要な
ことばかりですものね。


社会人になる直前とか、なってからではなく、もっと早くから
ほんの少しだけでも知っておくと、

人生だいぶ違うのにな~~~~~~~~!!!!


と常々思っていたので、高校での仕事というのはとっても楽しみです!!


し、しかも、1年生対象らしいです!!


うーん♪フレッシュ!

みんながビジネスマナーを好きになるよう、
そしてこれからも勉強したくなるような講座にしてきます!


がんばってきます♪

電話応対研修

パーマリンク 2010/08/13 14:22:46 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 4.企業・大学研修

先日、ある企業様から「電話応対研修」のご依頼を
いただきました。

このところ、他の企業様からもご相談をいただいていますが、

やはりご依頼内容の1番目にくるのが、

「社員の電話応対」!!!


「も~!!社員のなれなれしい話し方が何度注意しても直らない!」


という悲鳴にも似た経営者様の声をよく聞きます。



しかし、社員さんの方は、「じゃあ、なんと言えばいいのよ?」と。

要するに、正しい言い方が分からないんですよね。


先日の実践ビジネスマナー教室にご参加くださった女性の方も


「毎日、叱られてばかりなんですけど、私の何がいけないのか
ぜんぜん分からないんです!」

と、とにかく本人さんは混乱状態でした。


トラブルの元になってしまう話し方。

解決策は、本当に時間をかけてひとつずつ直していくことしかないと
思いますが、それにしっかり寄り添って、

「これはこう言ったほうがいいのではないかな?」と

相談にのってあげられる人ってなかなかいないと思います。


そんな時は、ぜひ弊社の研修をご利用ください。

「マンツーマン」でも行いますし、企業研修の場合でも、
その会社内での「応対用語」をまず作成してから研修に入ります。


いますぐ実践に生かせる内容を!!


いつもそれを念頭に置いています。

㈱フレキシーズ・ジャパンをどうぞよろしくお願いします。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 15 >>

2017年7月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

㈱フレキシーズ・ジャパン 研修事業部 安田江里子のブログです。 弊社研修事業部では、愛知県内の中小企業様の発展を、ビジネスマナーの向上の面からお手伝いさせていただいております。 また、ビジネスマナーが原因で仕事に不安を抱えている方には「マンツーマン」でも対応させていただいております。 どうぞよろしくお願いいたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     free blog software