« 7月の夢会、25日(水)です♪春日井商工会議所様 研修 »

中日新聞 果てなき白骨街道を読んで

中日新聞 果てなき白骨街道を読んで

パーマリンク 2012/07/12 19:02:15 著者: flexys-officemanner メール
カテゴリ: 9.日々のこと

先日、連載が終わった、中日新聞の「果てなき白骨街道」を読むたび、

「戦争とは、本当にこんなに残酷なものなのか!」

と、毎日胸がしめつけられる思いでした。


http://www.chunichi.co.jp/article/feature/shougen/list/201206/CK2012062402100004.html


戦争のことは人ごとではありません。

私の祖父も南方の島で戦死しました。

もちろん、私は会ったことがありません。

母が、3歳の時に出征した方ですから。。。。



母が、この祖父のことを想って、

食事の前にはいつも長いお祈りをしていました。

また、食べものを大事にし、ぜいたくを嫌い、つつましく過ごしていました。

祖父はブーゲンビリア島というところで、食糧の補給がなく餓死したとのこと
でしたから。。。


母が、戦争によって引き裂かれたこの祖父のことを恋しく想い、
残された手紙や聞いた話によって心から尊敬し、
敬っていたことを私もよく知っています。


特に母が亡くなってから、母がこの祖父のためにしていた
様々なことを叔父や叔母から聞いて、どれだけ悲痛な思いを抱えて
生きていたのか、ということが痛いほど分かりました。




いえ、かくいう私も、


母の残された寿命を使って、母の第一の願いである

「ブーゲンビリア島に近い島まで行っての祖父のお参り」

を、昨年、決行したのでした。





それが、母との最後の思い出になりました。



日本には無事に帰ってきたのですが、その後、様々な要因が絡み合って
母が体調を崩し、その1ヶ月後に帰らぬ人となったことで
私はこの半年、自分を責め、経験したことのないような絶望を感じ、
心から後悔をしました。


もう、二度と立ち上がれない、と思いました。



なんてことをしてしまったのだろう、、、と。




しかし、


大変高度な力であちらの世界とつながることができる、
スピリチュアルな力を持った方々から、母からのメッセージを
伝えていただき、


「お参りにいったから亡くなった」

のではなく、

「お参りにいって、祖父の魂を救い、すべての使命が終わったから旅立ったのだ」

ということを教えていただきました。



「全く、あなたの考えていることと逆なんですよ、江里子さん。」

「ご両親は、あなたに大変感謝なさっていますから、

これからは胸をはって、堂々とご自分の人生を生きてください」

「お母様は、おじい様の魂を救うという、霊界に対して多大なる貢献をしたのですよ」と。


しかし、それをそのまま受け止めていいのかと、やはり、数ヶ月間
想い悩んでおりましたが、

ここで詳しくは書けませんが、どうやらそれは事実のよう。。。です。




母は、祖父を救いたかった。。。

私も、病弱な母を1日でも長く生かし、祖父を救うというミッションをやり遂げたかった。。。



きっと、、、、きっと、、、そうなんだと思います。


そして、この中日新聞の連載を読んでいると、

日ごとに、「近くの島まで行ってお参りができてよかった」と、

思うようになりました。



こんな最後を迎えたら、とても魂が救われない、と思いますから。。。


今、日本は平和で飽食で、戦争で亡くなった方のことなどを想う人は
少なくなっていると思います。

私の親世代はまだまだいらっしゃると思いますが、


私と同世代の人たちは、身近なこととしては全く感じないでしょう。。。



でも、この白骨街道の方々は、安らかに眠れているのでしょうか。


これほどのことが行われたのに、私たちは楽しんでばかりでいいのでしょうか。



読めば読むほどそう思い、

自分の祖先を想うことだけで精一杯で、

やはり日本に帰ってからは、普段の自分と同じように生活をしている自分を無力に思いました。




もう、二度と戦争はしてはいけません。



これだけは分かっているのですが。。。

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

モデレーション待ちのフィードバック

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 1 件あります....

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2017年12月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

㈱フレキシーズ・ジャパン 研修事業部 安田江里子のブログです。 弊社研修事業部では、愛知県内の中小企業様の発展を、ビジネスマナーの向上の面からお手伝いさせていただいております。 また、ビジネスマナーが原因で仕事に不安を抱えている方には「マンツーマン」でも対応させていただいております。 どうぞよろしくお願いいたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software