« 5月度夢会のご案内5月の癒しのビジネスマナー教室のご案内 »

春のお祭り

春のお祭り

パーマリンク 2012/05/02 11:06:19 著者: flexys-officemanner メール
カテゴリ: 9.日々のこと

4月の中旬に、常滑の春のお祭りに行ってきました。


昨年のお祭りのときは、まだ父も母も、生きていました。。。:'(

でもその時はすでに2人とも伏せっていたので、


「今は辛いけれど、来年のお祭りは良い日になるといいなあ」


そんなふうに思って、お囃子の音を聞きながら家で看病をしていました。


ところが、二人とも天に召されてしまい。。。



なので、今年のお祭りは「悲しいから絶対に行かない!!」と言っていました。


しかしオットが、

「いや、お父さんとお母さんを連れていってあげると思って
いけばいいじゃん。運転してったるわ」


と言ってくれたので、「・・・そうだなあ。。。」と思っていくことにしました。


最初は、「悲しみが増すんじゃないかしら」と思っていましたが、行くとやはりワクワクした気持ちに♪


小学校のときからお祭り大好きな私は、6台の勇壮な山車を見て
お囃子と太鼓の音を聞くととっても興奮してしまいます!!



山車の運行ルート上に友達のご実家があり、

「お寿司たべてきゃ~!えりちゃん!」と、友人とそのお母さんから
お誘いを受けていたので、お言葉に甘えてお邪魔することにしました。


すると、

「こんなお祭りの日はビール飲まないかん!」と、


たくさんのビールをオットにおつぎくださり(→その瞬間、私が帰りの運転手に)
山車を見ながらご馳走をいただく、という大変嬉しくて楽しい時間を
過ごさせていただきました♪


友と、ご家族のお気づかいに深く感謝。。。ああ、こんなときにほんと幸せだなあと思います。


そして帰りに親戚の家によりおじさん、おばさんとおしゃべりをして。。。

その後、従兄がやっている居酒屋で夕飯をいただき。。。

そしてまたお祭り「夜の部」へ行き、親戚に会っておしゃべりしていたので、
結局山車が車庫に入るまでいることになりました88|



それにしてもこのところよく思うことは。。。

まさに物事は「空」であるなということです。。。


両親の法要のときにお経を読むことから、「般若心境」の解説本などを
読んでいましたが、まさに、

「消えては生まれる」

ということを実感しています。


父母が生きていたら、こんなにおじさんやおばさんとじっくり話すことも
なかったでしょう。。。


母が生きていたら、母の親友と私が2人きりで会うなんてことはなかったでしょう。。。


父母がいなくなってしまったことはたとえようもない悲しみですが、
それを癒すかのように、新しい「つながり」も生まれてきました。


ありがたいことです。

本当に嬉しいです。


特に、お祭りの日はそんなことを実感した1日となりました。



悲しいけど、、、ありがとうございまーす!!!!

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2017年10月
 << <   > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

㈱フレキシーズ・ジャパン 研修事業部 安田江里子のブログです。 弊社研修事業部では、愛知県内の中小企業様の発展を、ビジネスマナーの向上の面からお手伝いさせていただいております。 また、ビジネスマナーが原因で仕事に不安を抱えている方には「マンツーマン」でも対応させていただいております。 どうぞよろしくお願いいたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution