« 第2回 実践ビジネスマナー教室!モティベーション大学 入学式! »

感覚的なものを統一させるには。。。

感覚的なものを統一させるには。。。

パーマリンク 2010/04/09 21:00:33 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 4.企業・大学研修

大学の授業で使用するテキストを作成している
講師の先生から、「敬語の練習問題」の内容の件で
ご相談を受けました。


ずーと問題集を拝見していて、ひとつだけ
気になる解答がありました。

「課長、昨日の報告書はご覧になっていただけましたか」


うーん。
これ、敬語的にはなんら問題はないものの、
「ご覧になっていただけましたか」ではなんとなく
「上司と対等」のような感じがし、

「ご覧になっていただけましたでしょうか」

の方が良いのではないかと提案をいたしました。


そうしましたらその先生も、
「安田さんのおっしゃることは分かるのですが、
それは安田さんの主観であり、
何か学生にもっと納得させられるような理由、
また、他の多数の講師陣からも異論が出ないような
理由はないでしょうか」

と言われました。


そう言われてみて、初めて気づきました!!

確かにそうですね。
これを、「何となく」ではなく「なぜこちらの方が良いか」を
説明しようとすると非常に難しいのです!!!


二人で、うーんうーんと考えましたが。。。
う~~~~~~~~~~~ん(汗)

今まで、一人で勉強している分には、自分なりのセンスを
働かせて応用してきました。

また、私一人だけが行う授業でも、私なりの理由をつけて
行うと、それはそれで納得していただけました。


しかし、20名の講師と、その10倍を超える学生さんに
100%納得させられる文法的な理由を提示できなくては
テキストは作成できません!!


ああ、困難です。

しかし、ビジネスマナーの学びを深める最大のチャンスでも
あります!

がんばりま~す♪

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

2 コメント

コメント from: ボス [訪問者]
「言葉の数」が多いと丁寧な、ソフトな言い方になる。
2010/04/20 @ 08:33
コメント from: [訪問者]
ボスさま

コメントありがとうございます!
確かに、「言葉の数」が多いと、丁寧な、ソフトな言い方になりますよね!
あまり文法的なことばかりにこだわらず、現場の社長様のご意見として
しっかり学生さんたちに伝えてきたいな、と思います。

これからもよろしくお願いします。

ありがとうございました♪
2010/04/20 @ 17:59

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2017年6月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

㈱フレキシーズ・ジャパン 研修事業部 安田江里子のブログです。 弊社研修事業部では、愛知県内の中小企業様の発展を、ビジネスマナーの向上の面からお手伝いさせていただいております。 また、ビジネスマナーが原因で仕事に不安を抱えている方には「マンツーマン」でも対応させていただいております。 どうぞよろしくお願いいたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     blog soft