アーカイブ: 2009年8月

第5回夢会 ありがとうございました!

パーマリンク 2009/08/30 16:13:16 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 7.弊社交流会 夢を語っちゃう会

先日、8/28(金)に第5回「夢を語っちゃう会」を開催しました!

今回は夏休み明け、ということでいつもより少し少ない
人数でしたが、それでも20名近くの経営者の方がお集まりくださいました!

お忙しい中お越しくださった皆様、本当にありがとうございます!



今回は夢担当さまがどうしてもやむを得ない事情で
ご欠席になってしまったので、「夢担当タイム」を省略し、
「グループ夢タイム」をグループ替えして2回転する、
という方法で行いました!


日ごろ、
「時間が足りない!」「ほかのグループの方とももっと話したい!」
というお声がありましたので、今回でちょっと解消されたかしら。。。?
と事務局としては密かに思っております♪


それにしても夢会も今回で5回目ということで、嬉しい効果が表れてきました!

それは、夢担当を行った方々が「着々と夢実現に向かって進んでいる!」ということです!!

前回から、これまでに夢担当を行っていただいた方に
「現在の進捗状況」を報告していただいていますが、
皆さま、かなり具体化されてきています。


今回は5月に夢担当をしていただいた
リバイバルビジョン名古屋㈱の穂苅氏に発表をしていただきましたが、
2011年に開校を目指していた「名古屋モチベーション大学」が、
なんと、今秋にスタートする方向で動いているそうです!


それも、「皆さまからいただいたアドバイスや励ましの言葉で行動が早まった」とのことで♪


私たち事務局としても、ホントのことを言うと、ここまでの効果を
予測していたわけではなかったので正直ビックリです!

穂苅氏自身も
「最初は夢会をあなどっていた」らしいのですが(笑笑笑)、
最近は「夢会に来るのが楽しみでしょうがない」とのこと!!!


あなどられていたのは知りませんでしたが(笑)嬉しい限りです♪♪♪


このように夢を語ってくださった方が、メンバーからの励ましの声や
具体的な情報を得ることで夢を実現していく、ということは、
とてもスゴイことだと思います。

ここで出会わなければ知り合わなかった人たちが、一緒に想いをカタチにしていくのですから。。。!

本当に嬉しいです!!

みなさん、これからもぜひ夢会にお越しくださいね!



それでは、今回いただいたアンケートの一部をご紹介します!!↓↓


♥なかなかこういう場がないので刺激になります!次回も参加させていただきます! (20代男性経営者)


♥前回より緊張せず楽しむことができました。
たくさんの「夢」を聞いて元気になりました。(30代女性 独立希望)


♥人に自分の夢を語ることで、自分自身の夢を具体的に考えられるよになりました。
また、その夢をかなえるために進んでいかねばならないと強く思います。(30代男性経営者)


♥とても楽しく過ごせました。
夢を語るということは日常ではないので、こういった場があることで多くの方の夢がかなう一歩になるのだなあと感じました。(30代男性独立希望)


♥もっと深く話したいと思いました!もっと長く時間をとり深く話したいです!(20代男性)


♥初めて参加ささせていただきました。
最初、「夢を語る?」と思ったのですが、皆さんのお話を聞いてとても元気を頂けました。
自分も、「もっと頑張らなきゃ!」と思いました。(30代女性経営者)


♥2回目の参加になりますが、普段話したら周りからひかれそうなテンションで話してもOKな雰囲気が心地よいです。
ほかのメンバーさんも熱く語ってくれるので、聞き入っている自分も大好きです。
協力しあえたら嬉しいです。(40代男性経営者)


♥とても楽しかったのでこの会はずっと続けてほしいです。(30代女性)


↓の写真は夢会終了後の懇親会の様子です(くすっ)



なぜか、「誰がジャンケンが一番強いか」の勝ち抜き戦が始まりました(???)

懇親会でも引き続き夢を語っていますので、こちらにもぜひお越しくださいね。
ビジネスマッチングも、懇親会の席でよく進んでいます。

来月は9月30日(水)に行いますのでよろしくお願いします!

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

桜木染めのストール

パーマリンク 2009/08/20 22:02:59 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 9.日々のこと

先日、高校時代の友人と久しぶりに会いました♪

そこで偶然、桜木染めの小物を売っているお店に出会いました。


「なんだかとても優しいピンク色をしたものばかり売っている店だな~」

と思って見ていたら、これまた美しい女性の店員さんが出てこられて、

「これらはすべて桜の木で染めたものばかりなんですよ」
と教えてくださいました。

そうしましたら一緒に歩いていた友人が
「嬉しい!一度見てみたかったの!」
と急に大興奮です!

中学校で国語教師をしているその友人によれば、
中学の国語の教科書に「言葉と桜木染めの話」が出てくるのだそうです。

以下、引用です↓↓↓


「言葉の力」 大岡 信

 人はよく美しい言葉、正しい言葉について語る。
しかし、私たちが用いる言葉のどれをとってみても、
単独にそれだけで美しいと決まっている言葉、正しいと決まっている言葉はない。

ある人があるとき発した言葉がどんなに美しかったとしても、
別の人がそれを用いたとき同じように美しいとは限らない。

それは、言葉というものの本質が、口先だけのもの、
語彙だけのものだはなくて、
それを発している人間全体の世界を
いやおうなしに背負ってしまうところにあるからである。

人間全体が、ささやかな言葉の一つ一つに反映してしまうからである。

 京都の嵯峨に住む染織家志村ふくみさんの仕事場で話していたおり、
志村さんがなんとも美しい桜色に染まった糸で織った着物を見せてくれた。
そのピンクは淡いようでいて、しかも燃えるような強さを内に秘め、
はなやかで、しかも深く落ち着いている色だった。
その美しさは目と心を吸い込むように感じられた。

「この色は何から取り出したんですか」
「桜からです」

と志村さんは答えた。

素人の気安さで、私はすぐに桜の花びらを煮詰めて
色を取り出したものだろうと思った。
実際はこれは桜の皮から取り出した色なのだった。
あの黒っぽいごつごつした桜の皮から
この美しいピンクの色が取れるのだという。
志村さんは続いてこう教えてくれた。

この桜色は一年中どの季節でもとれるわけではない。
桜の花が咲く直前のころ、山の桜の皮をもらってきて染めると、
こんな上気したような、えもいわれぬ色が取り出せるのだ、と。

 私はその話を聞いて、体が一瞬ゆらぐような不思議な感じにおそわれた。
春先、間もなく花となって咲き出でようとしている桜の木が、
花びらだけでなく、木全体で懸命になって最上のピンクの色になろうとしている姿が、
私の脳裡にゆらめいたからである。

花びらのピンクは幹のピンクであり、樹皮のピンクであり、樹液のピンクであった。
桜は全身で春のピンクに色づいていて、花びらはいわばそれらのピンクが、
ほんの先端だけ姿を出したものにすぎなかった。

 考えてみればこれはまさにそのとおりで、
木全体の一刻も休むことのない活動の精髄が、
春という時節に桜の花びらという一つの現象になるにすぎないのだった。

しかしわれわれの限られた視野の中では、桜の花びらに現れ出たピンクしか見えない。
たまたま志村さんのような人がそれを樹木全身の色として見せてくれると、はっと驚く。


 このように見てくれば、これは言葉の世界での出来事と同じことではないかという気がする。
言葉の一語一語は桜の花びら一枚一枚だといっていい。
一見したところぜんぜん別の色をしているが、
しかし、本当は全身でその花びらの色を生み出している大きな幹、
それを、その一語一語の花びらが背後に背負っているのである。

そういうことを念頭におきながら、言葉というものを考える必要があるのではなかろうか。
そういう態度をもって言葉の中で生きていこうとするとき、
一語一語のささやかな言葉の、ささやかさそのものの大きな意味が実感されてくるのではなかろうか。
美しい言葉、正しい言葉というものも、そのときはじめて私たちの身近なものになるだろう。

(中学校『国語2』、光村図書出版)


この話を友人から聞いて、まさにそれを自分と重ね合わせて考えました。

研修でどんなに素晴らしいことを言っても、
大岡さんのおっしゃる通り、

”それを発している人間全体の世界を
いやおうなしに背負ってしまう”

ものでしょうから、日ごろの自分自身が恥ずかしくない自分でなければ。。。

桜の木が全体で美しいピンクの花を咲かせるように、
私自身も内面から湧き出てくる優しさがないと、
どんなに理想的で美しいことを言っても、
言葉だけでは誰も信用してくれないのだろうな、と
改めて身が引き締まる思いでした。

それにしても中学の教科書にこんな素晴らしい話が載っていたとは。。。
大人になってから教えられることがたくさんあります。

教えてくれた友人に感謝です!

そして、あまりにも優しい色の素敵なストールだったので購入してしまいました!

クーラーに弱い私には強い味方になりそうです♪

第5回夢を語っちゃう会を開催します!

パーマリンク 2009/08/19 15:55:54 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 7.弊社交流会 夢を語っちゃう会

今月もまたまた「夢を語っちゃう会」を開催します!

◆日時 2009年8月28日(金)
 受付18:30 開始18:45 終了21:00

◆場所 柳橋ガーデンビル7階 第9会議室
 名古屋市中村区名駅南1-4-12
 「名古屋会議室内」

◆参加条件 経営者およびそれに準ずる方、独立志向の方

◆参加費 1,000円(年会費3,000円)

◆お申込み・お問い合わせ先
 officeeriko22@yahoo.co.jp(安田江里子)まで

◆今月の夢担当様は、
アクサ生命保険株式会社 高島英樹氏です。

★~高島氏の、「私の自己紹介」~★

体育大学出身で、「脳みそまで筋肉!?」だった私。
しかし、このままではマズイと感じ、28歳の時に
思い切って営業の世界に飛び込む。
初めての世界でなかなか芽が出ず苦しんでいた時に
船井幸雄先生の著書と出会い、考え方が一変する。
それがきっかけで仕事の流れが変わり始め、
自信を持って営業の仕事ができるようになる。
昨年7月、人間力を更に高めるべく、アクサ生命保険に転職、現在に至る。
元々はサラリーマン家庭に育ったが、
いつの間にか家族全員がそれぞれに事業を始めることに!
家族全員が経営者という類まれな?高島一族が目指す将来の姿をとことんお話いたします!


★~高島氏より、ご参加いただける皆さまへ~★

ずっとスポーツ一筋で生きてきた私が、
どうして営業の世界に飛び込んだのか?
今までは何をやっても中途半端だった私ですが、
どんな思いで厳しいと言われる保険会社に転職したのか?
その理由や将来の展望などを包み隠さずにお話しますので
皆様も私の夢実現にご協力お願いします。



皆さまのご参加をお待ちしております!!

「おがた様」中部経済新聞に掲載!

パーマリンク 2009/08/10 19:15:59 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 4.企業・大学研修

先月から電話応対研修でお邪魔している「おがた」様が、
本日、中部経済新聞に掲載されました!


「えっ!これもたこ焼きなの?
おがた メニュー一新 洋風投入」

こんな見出しで、島田店長の満面の笑顔の写真と共に
掲載されています!
(島田店長、目が線になってます!!(笑)
すごく嬉しそうですね!)


8月から「おがた」様は、
業界で初めて、「たこ焼きがないたこ焼き屋」を打ち出されました!


「おにぎりもお寿司もピザも、すべてプレーンの生地にいろんな具材が入っているのに、
なぜたこ焼きだけは具が「タコ」のままなのか?
なぜ、こんなに美味しい生地が日本だけに留まって、
「たこ焼き」のままなのか?」

そんな小縣社長のとてもシンプルかつ、熱~~~い想いから始まりました。


現在、1番人気の「もつ焼き」を筆頭に、「ペッパーポテト」や「チーズベーコン」「カリカリベーコンアスパラ」など9種類のメニューがあります!


私も「もつ焼」「チーズベーコン」などをいただきましたが、あつあつとろとろの生地の中にこれまたあつあつの具材がよくからみあって、とっても美味しかったですよ!
とくに、「もつ焼」はやみつきになること間違いなしです!
上にかかったたっぷりのねぎと一緒に食べると、本当に美味しいんです!!


今年中に東京に2店舗目を出店、5年後に10店舗出店、
2020年にはアメリカ進出を目標に掲げて、積極展開していかれる構えでいらっしゃいます!


皆さま、ぜひ一度召し上がってみてくださいね!


私も電話研修で、日常業務のとても細かな細かな部分。。。からお手伝いさせていただいております!
「商品の品質」とともに、「接客」も絶対にはずせないものですから!


頑張ります!

ハガキに想いをのせて。。。

パーマリンク 2009/08/09 17:49:22 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 9.日々のこと

今日、夫から興味深い話を聞きました。

「ハガキ(お礼状など)を年間5,000枚出す人は、年収も5,000万なんだって!」と。

「え~ほんと?」とびっくりです。
お礼状ハガキの効果については様々な勉強会で耳にいたしますが、枚数と年収がそんなにも比例するとは!


それにしても、5,000枚を1年で出すとなると、1日にだいたい13枚です。
それって、「すごい数!!」ですよね!!

1日に1~2枚でも、意識していなければ書けません(汗)し、そんなに出す方もいな~い!!です。

でも、頑張って少しずつでも出してみようかな、と思います。

なぜなら私もハガキを頂くととても嬉しいから!!


最近、私もいろいろな方から頂きますが、今日は偶然にも実家の母からのハガキがポストに届いていました。

先日、母の病院に付き添った帰りに、少しだけ安城にある美しい庭園に寄ったのですが、
「あの時は楽しかったね」と書かれていました。

いつも携帯メールでやりとりしていますが、「メールはいつか消えちゃうから」とのこと。

私もこうして綺麗な色のハガキに直筆で、「私にだけの想い」が書かれていると、
とても穏やかなやさしい気持ちになって、その日のことが次々と思い出されます。

ハガキや手紙は、やはりメールの活字にはない、なんともいえない「気持ちの良い想い」を運んでくれますね。

これからももっと、ハガキに想いを乗せてお送りしよう♪と思いました。

「おがた様」で電話応対研修!

パーマリンク 2009/08/02 23:48:23 著者: 安田 江里子
カテゴリ: 4.企業・大学研修

先日、名古屋市内のある店舗様で電話応対研修を行ってきました。

その店舗様の名前は「たこやき 鉄板焼き おがた」様!!

「ぜひ実名でブログを書いてください!」
との小縣社長のお言葉で、今日から「おがたの皆様」の進化のご様子を書かせていただくこととなりました♪
皆さまどうぞ楽しみにしていてくださいね!

この写真の方が小縣社長です。


まだ30手前でいらっしゃいますが、大変落ち着きがあり、常識を打ち破る独創力を持った方です。
そして何より、ハートがとても熱いのです!!!
何に対しても、全力!!!!でぶつかっていかれます!
そしてさらに驚かされることは、とてもとても繊細な感覚の持ち主でもあるということ。。。

この仕事を始められる前は、プロボクサーでアジアチャンピオンにまでなられたということですから、私ごときが想像で物を申すのも僭越ですが、おそらく生死の限界ギリギリのところで闘っていたご経験が今の小縣社長をつくっているのではないかしら。。。と、いつも尊敬の目で拝見しております。

その熱いハートと繊細な感覚で、

商品に対しては、「美味しくて、他にはない独創的でユニークなたこやき」の開発に力を注ぎ、

お客様に対しては、「1分でも早く、熱く美味しいうちにお届けするための工夫」を懲らし、

さらに「ホテル並みに心が行き届いた丁寧な接客」を目指し、日々全力を尽くしていらっしゃいます。


従業員の方々も素敵です!
まっすぐで実直な島田店長、明るくムードメーカーの川島さん。



そのお三方のチームワークにアルバイトの方々が加わり、開店から1年でかなりの飛躍を遂げていらっしゃいます。



私はというと、
その「たこやきの注文」でかかってくる電話の応対について、従業員全員の方が最善の応対ができるよう、一つ一つのシチュエーションについてご相談にのり、お手伝いをさせていただいております。


8月からは100%、デリバリーの形態で営業をしていらっしゃいますので、
売上げの100%が、電話応対によるものと言って過言ではありません。

そういった意味ではかなり責任のある仕事だととらえております。


オフィスで培った経験、プラス、オフィスマナー研修を始めてからの知識や技能、経験を総動員させて、毎回、脳ミソにシワができるのが感じられるくらい(笑)、全身で考えています(汗)


先日で4回目が終わりましたが、だんだんと成果が出てきたようです。

小縣社長から、
「島田と川島の電話応対時の話し方が、ずいぶん変わってきました!!僕より、丁寧だ!と思う時があります!!」
と教えてくださいました。


そしてさらに嬉しいお言葉が!!
店長の島田さんが、
「こちらが丁寧に接すれば、相手も丁寧に接してくれるというのが分かりました!」
とおっしゃってくださったのです!

私がお伝えしたかったことの一つが、「まさにそれ!」だったので、思わず涙が出そうでした!

人から言われて分かったような気持ちになっているだけでなく、
毎日、相手の立場に立った丁寧な応対用語の反復練習をし、
それを実際の応対時に、状況に合わせて自分でアレンジして言えるようになり、
さらに相手のお客様の心までやさしく柔らかくしてしまったんですから!

それが「接遇」ですよね!すごいです!
本当に素晴らしいご経験をされたと思います。

この小さな一つの出来事をきっかけに、もっともっと「相手の心に届く接客」が広がっていけば、と思います。

この後、「OGATA」のレストラン化に続いて、

2020年、ニューヨークタイムズスクエアに
「JAPANESE SOUL FOOD OGATA」
を出店をするという、小縣様の夢実現に向けて。。。

私も全力でお手伝いさせていただきます!!
今後ともよろしくお願いいたします!


「たこやき 鉄板焼き おがた」様
     ↓
http://ameblo.jp/ogatako

2009年8月
 << < 現在> >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

㈱フレキシーズ・ジャパン 研修事業部 安田江里子のブログです。 弊社研修事業部では、愛知県内の中小企業様の発展を、ビジネスマナーの向上の面からお手伝いさせていただいております。 また、ビジネスマナーが原因で仕事に不安を抱えている方には「マンツーマン」でも対応させていただいております。 どうぞよろしくお願いいたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution